.jpg
最近の記事
カテゴリ

2019年10月04日

リスケする時の留意点

リスケとはリスケジュールを意味し、銀行借入金の
返済期間を延長したり、返済金額を減額することを
意味します。

資金ショートしそうな時、間違っても高金利の闇金融
とかに頼ってはいけません。
二度と再生出来なくなります。

このような時は銀行にリスケを依頼しましょう。

しかし、リスケの依頼時は資金繰りが大変ことだけ
銀行に言っても相手にしてくれません。

そこでリスケする時の留意点を今なら無料で
アドバイス致します。

下記フォームに件名71リスケと記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 資金繰り

2019年10月03日

人脈を活用して利益を上げる方法

人脈を作るのはビジネスにおいて重要です。

なぜならネット、本など情報源はたくさんありますが
価値ある情報は人づてに伝わることが多いからです。

しかし、人脈の作り方が分からないという人も
多いかと思います。

私も初めて開業した時はなかなか人脈作る
ことが出来ませんでした。

しかし、コツが分かると人脈が広がりそこから
仕事につながるようになりました。

この簡単にできる人脈の作り方を今なら無料
でアドバイス致します。

下記フォームに件名70人脈活用と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

経営アドバイザー 村上弘之



posted by アドバイザー at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング・営業

2019年10月02日

資金繰り予定表の作り方

資金繰り予定表は最も重要な経営資料の
一つだと言えます。

なぜなら資金ショートすれば、黒字であっても
倒産につながる可能性があるからです。

私の事業再生の経験においても、資金繰り予定表
がなく、私が作成したら3ヶ月後に資金ショート
することが判明した会社があります。

何とか銀行から緊急融資を受け倒産は免れましたが

資金繰り予定表を作成するのは難しいと考える方も
多いと思われます。

そこで今なら簡単に資金繰り予定表を作成する
ポイントを無料でアドバイス致します。

下記フォームに件名69資金繰りと記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228


経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 資金繰り

2019年10月01日

組織的経営で利益を50%アップするには

あなたの会社は組織的経営が出来てますか。

中小企業においては営業マンにノルマを与える
だけ、あるいは能力ある人に依存する属人的
経営をしているケースが多いようです。

例えばマーケティングは見込み客を集める
ことであり、属人的ではなく会社として
仕組みを作ることが必要不可欠です。

それ以外のマネジメントも仕組みを作り
組織として実行すべきことが多く存在する
のです。

利益をアップするために効果的な組織的
経営の方法を今なら無料でアドバイス致し
ます。

下記フォームに件名68組織的経営と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228


経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織・経営

2019年09月30日

銀行から資金調達できる経営者とは

銀行から資金調達、特にプロパー融資を調達する
のは難しいと思っていませんか。

銀行から資金調達をするには銀行の信用を高める
ことが必要不可欠です。

信用を高める方法とは経営者の行動の他、
決算書の内容、事業計画の内容が重要です。

これまで何度融資申込しても借入出来なかった
経営者の方へ

具体的な理由を知りたくないですか

今なら無料でアドバイス致します。

下記フォームに件名67銀行資金調達と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 資金繰り

2019年09月29日

失敗しない投資判断の方法とは

会社が倒産する理由として多いのが投資の失敗です。

安易な判断で投資すると投資金額が大きい場合倒産
に繋がります。

私の経験でも本社ビルに多額の投資をした会社が
事業再生を依頼されましたが、キャッシュフローの
マイナスが大き過ぎ破産を選択されたこともあります。

投資をしてしまってからでは取り返しが出来ません。
投資の段階である法則により判断する必要があるの
です。

ここでは投資の判断において必要なこと判断するための
方法につき無料でアドバイス致します。


下記フォームに件名66投資判断と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 資金繰り

2019年09月28日

会社を成長発展させる経営のポイント

会社を成長発展させるには

営業、マーケティング
経理、財務
人事

を上手く融合させて組織的に経営を行う必要が
あります。

そのためには上記の各項目につき仕組みを作り
円滑に運営しなければなりません。

仕組みを作らず属人的に運営すれば継続的な運用
ができずどこかで支障が発生します。

今なら各項目のポイントにつき無料でアドバイス
致します。 

下記フォームに件名65経営ポイントと記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 組織・経営

2019年09月27日

後継者の育成方法

事業承継においては、後継者に経営をバトンタッチしたらお終い、
というわけには行きません。

会社をきちんと経営し成長発展してもらわないといけない
のです。

そのためには、後継者の育成計画の基に時間をかけて育生
する必要があります。

現実として後継者が経営を引き継いで間もなく会社が倒産
したという事例もあるのです。

育成の方法としては、仕事を通じて育成するOJT と
それ以外のOFJTがあります。

それぞれにおいてどのような項目をどのようなスケジュール
で教育して行くのか。

今なら無料でアドバイス致します。

下記フォームに件名64後継者育成と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継

2019年09月26日

事業承継計画の立て方

事業承継は経営そのものの承継と財産の承継
から成ります。

双方とも短時間ですぐにできるものではなく
時間をかけて計画的に行う必要があります。

経営の承継とは、経営者としての仕事の承継
であり、その見える化が必要となります。

財産の承継とは自社株 不動産 現金預金
などの保有資産債務の承継であり、
相続税対策 納税資金対策 分割対策
が必要となります。

これらの計画を立てるポイントを今なら
無料でアドバイス致します。

下記フォームに件名63事業承継計画と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228


経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継

2019年09月25日

相続対策のポイント

相続に関しては下記のような悩みを
よく聞きます。

土地などの評価が高く相続税が高い。

現預金が少なく自社株や居住用の財産が
大きく納税資金が不足する。

相続人がもめないように財産分割をしたい。

すなわち相続対策に必要なことは
相続税対策
納税資金対策
財産分割対策
なのです。

相続税対策に関しては土地の評価を下げたり
贈与により節税する方法があります。

また納税資金、財産分割に関しても事前対策
があるのです。

相続が起こってから慌てないように事前に
対策をしませんか。

相続対策のポイントを今なら
無料でアドバイス致します。

下記フォームに件名62相続対策と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

経営アドバイザー 村上弘之


posted by アドバイザー at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継