.jpg
最近の記事
カテゴリ

2019年10月23日

後継者が定まらない経営者の方へ

我が国では、経済産業省、中小企業庁の試算によると2025年までに中小企業の経営者のうち6割以上にあたる245万人が70歳以上になり、さらに、その約半分は後継者がいないという課題に直面するとみています。現状を放置すると中小企業廃業の急増により650万人分の雇用や22兆円分のGDPが失われる見通しです。
国家的に大きな問題ですね。

中小企業の経営者にとっては事業承継は最後の大仕事でしょう。

このような事業承継問題の解決方法として親族承継 M&A MBO下記のような方法がありますが、各々メリットデメリットがあります。

そのメリット、デメリット及び事業承継の進め方、後継者の育成方法につき無料にてアドバイス致します。

下記フォームに件名89後継者と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

経営アドバイザー 村上弘之




posted by アドバイザー at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継

2019年10月11日

事業後継者がやってはいけないこと。

事業後継者は慣れない経営の場において苦労
することも多いかと思います。

私も仕事柄たくさんの事業後継者にお会いして
きましたが、中には残念ながら経営が上手く
いかずに倒産した会社もあります。

事業後継者はどうしても早く独自色を出したいと
の気持ちはありますが、焦りは禁物です。

事業後継者がやってはいけないことを
今なら無料でアドバイス致します。


下記フォームに件名78後継者と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

担当 経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継

2019年09月27日

後継者の育成方法

事業承継においては、後継者に経営をバトンタッチしたらお終い、
というわけには行きません。

会社をきちんと経営し成長発展してもらわないといけない
のです。

そのためには、後継者の育成計画の基に時間をかけて育生
する必要があります。

現実として後継者が経営を引き継いで間もなく会社が倒産
したという事例もあるのです。

育成の方法としては、仕事を通じて育成するOJT と
それ以外のOFJTがあります。

それぞれにおいてどのような項目をどのようなスケジュール
で教育して行くのか。

今なら無料でアドバイス致します。

下記フォームに件名64後継者育成と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継

2019年09月26日

事業承継計画の立て方

事業承継は経営そのものの承継と財産の承継
から成ります。

双方とも短時間ですぐにできるものではなく
時間をかけて計画的に行う必要があります。

経営の承継とは、経営者としての仕事の承継
であり、その見える化が必要となります。

財産の承継とは自社株 不動産 現金預金
などの保有資産債務の承継であり、
相続税対策 納税資金対策 分割対策
が必要となります。

これらの計画を立てるポイントを今なら
無料でアドバイス致します。

下記フォームに件名63事業承継計画と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228


経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継

2019年09月25日

相続対策のポイント

相続に関しては下記のような悩みを
よく聞きます。

土地などの評価が高く相続税が高い。

現預金が少なく自社株や居住用の財産が
大きく納税資金が不足する。

相続人がもめないように財産分割をしたい。

すなわち相続対策に必要なことは
相続税対策
納税資金対策
財産分割対策
なのです。

相続税対策に関しては土地の評価を下げたり
贈与により節税する方法があります。

また納税資金、財産分割に関しても事前対策
があるのです。

相続が起こってから慌てないように事前に
対策をしませんか。

相続対策のポイントを今なら
無料でアドバイス致します。

下記フォームに件名62相続対策と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

経営アドバイザー 村上弘之


posted by アドバイザー at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継

2019年08月31日

後継者が会社を潰さないために

昨今では中小企業の半分の会社が
後継者が決まっていないとのこと
です。
そのような中、後継者ができた
ことは喜ばしいことです。

しかし、後継者が経営して業績が
低下したり、あるいは倒産した事例
も少なからずあるようです。

なぜそのようなことが起こるので
しょうか。
後継者が経営者になった場合独自色
を出そうと、幹部やブレーンを入れ
替えたり、会社の制度を変更する
ことが見受けられます。

それが社内の実状と合わずに業績
低下に繋がるのです。

後継者が経営者としてやるべきこと
を無料でアドバイス致します。

下記フォームに件名37後継者経営と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228
posted by アドバイザー at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継

2019年08月13日

事業承継のために準備することとは

我が国では、経済産業省、中小企業庁の試算によると2025年までに中小企業の経営者のうち6割以上にあたる245万人が70歳以上になり、さらに、その約半分は後継者がいないという課題に直面するとみています。現状を放置すると中小企業廃業の急増により650万人分の雇用や22兆円分のGDPが失われる見通しです。

まさに事業承継は国家的な問題であり、
経営者は次の後継者を育成決定する役割
があります。

事業承継をしっかり準備しないと廃業となる
可能性があります。

では具体的にどのように事業承継の準備を
したらよいのでしょうか。
事業承継の準備の方法につき無料にてアド
バイス致します。

下記フォームに件名15事業承継準備と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228


担当 経営アドバイザー 村上弘之


posted by アドバイザー at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継

2019年08月09日

事業承継の方法、メリット・デメリット

最近は事業承継において親族承継も難しい時代になってきました。
しかし、何らかの方法にて事業承継しないと会社は存続出来ません。

後継者の決定、事業承継の方法は早めに準備しましょう。
相手があることですから思い通りになるとは限りません。

私の経験でも事業承継方法が決まらず、廃業に追い込まれた会社も
あります。

そこで事業承継の方法とそれぞれのメリットデメリットを無料にて
アドバイスします。

下記フォームに件名12事業承継と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

担当 経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継

2019年08月08日

自社株が相続で大きな問題になる理由とは

会社経営者にとって自社株の相続は大きな問題となります。
利益が出ている会社は株価が高くなり納税資金が不足することも。
また、自社株が相続人や会社従業員に分散し会社経営に支障が出ることも
自社株は事業承継において大きな問題をはらんでいます。

なぜ自社株の相続は大きな問題をはらんでいるのか、
どのように問題を解決したらいいのか、無料でアドバイス致します。

下記フォームに件名11自社株と記載し
氏名、メールアドレスを記入しお申込下さい。
メールにてお伝えします。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c19e3525239228

担当 経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 事業承継