.jpg
最近の記事
カテゴリ

2022年07月16日

求人を出しても応募が無い






社労士で人材定着士の西野です。

「求人を出しても応募が無い」

このような相談を受けた際に、
私は、その企業の求人を拝見します。

そうすると
「どう考えてもわざわざ応募が来ないようにしてるでしょ?」
そうツッコミたくなることがあります。

その代表格が履歴書。

御社の求人に「履歴書送ってください」
そう書いてませんか?

結構多く見かけます。

実は私も、会社員時代に採用担当をしていたころ、
そう書いていたことがあります。

面接前に、
求職者のことを知ることができますから。

採用側にとって、あると便利です。

ところが、求職者目線で考えるとどうでしょうか?

履歴書を書くって、メチャメチャ面倒なんです。

余程の本気度が高い企業だったらいいのですが、
そうでもない限り、応募する気が失せます。

以前のブログで、従業員規模別の有効求人倍率を
挙げ、中小企業はライバルがひしめく中で、
求職者に選ばれなければならない。

このように申しました。

【中小企業の求人に応募が来ない理由】
https://mail.omc9.com/l/03p8qo/sobrNvrY/


その為には「応募を集める」ことにフォーカスしなければなりません。

応募後の選考等、その後の流れを
考えたくなる気持ちもわかりますが、
応募が無ければ何も始まりません。

同じように、
応募フォームを確認していただきたいです。

入力すべき項目が1つ増える毎に、
確実に離脱者が増えます。

名前、メールアドレス、電話番号。
これらは必要ですよね。

年齢、これもあった方がいいですし、
数字を入れるだけですので手間もかかりません。

住所、いかがでしょうか?
無くても大丈夫ですよね。
それに、入力が面倒です。

入力項目に、住所が入ることで
間違いなく離脱が増えます。

すごくもったいないですよね。

このようなちょっとしたことでも、
応募に大きく影響するのです。

内容につき、質問相談にメールで無料にて応じますので

件名 応募がない にて
ご希望の方は下記までお願いします。
Jjigyoussk@gmail.com

よろしくお願い致します。

経営アドバイザー

社会保険労務士 西野毅


posted by アドバイザー at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事・労務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189672748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック