.jpg
最近の記事
カテゴリ

2022年11月04日

何の為に生きる

メール通信講座の予告です


何で生きないとならないのか?
楽しく生きる為に結果を出す!

個人も法人も生きて行くのに順風満帆には終わりません。
人生最大の苦痛は『思い通りにならない』です。
では、どうしたら思い通りに近づけるのでしょうか?
目先、その場凌ぎの解決では今後は変わりません。
どうしたら運が良くなる。
どうしたら苦痛が和らぐ。
どうしたら楽しい毎日が送れる。
どうしたら豊かになる。
先ずは自分を大事に出来る。自分を愛せる。自分を信じれる。
をキーワードに進めて行きます。
自己啓発的な言葉が多くなりますが、より多く実践頂けるように出来るだけ例などを用いて話しをさせて頂きます。
そうです!学んでも実践して活かせないと意味がありません。迷うだけです!
根底からの自己改革!全てが少しづつ良い方向に変わっていきます!
一人でも沢山の方に、少しでも実践に導き、少しでも喜んで頂き、延いては社会が幸せに満ちる一助になれば、この上なく嬉しいです。
自己成長に伴う投資は最高であり最大の投資です。
個々のご質問、ご相談にも時間が許せる範囲で対応させて頂きますのでメール返信で受け付けています。

経営アドバイザー 村上弘之

質問相談はこちらまでお願いします

jigyoussk@gmail.com


カテゴリー

posted by アドバイザー at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

3分以内に電話

社労士で人材定着士の西野です。

先週の火曜、木曜は
「18禁採用メソッド」のzoom勉強会でした。

参加いただいた方から、
「採用面接のことも知りたい」
との声もありました。

今後取り上げていきたいと思います。

さて、今回のテーマ。

求人を出して、
応募が来たらどうしますか?

まずは応募者に連絡をして面接日程を
決めなければなりません。

その連絡のタイミングと
手段はどのようにされてますか?

「1日の終わりにメールを送る」
という方がいました。

これでは採用面接には進めません。

メールって今使われますか?

仕事では今もメールが中心だとしても
プライベートだとほとんど使わないのではないでしょうか?

更に、応募者は御社だけでなく
色んな会社に応募しています。

時間の経過とともに、
御社に応募したことすら忘れています。

採用面接に進むどころか、
連絡を取ることすら一苦労です。

何とか数日後に連絡を取れたけど、
その時には既に別の会社から内定を
もらっていた。

このようなパターンが非常に多いです。

採用面接に進むための
初めのハードルは
応募者と連絡を取ることです。

最も連絡を取りやすいタイミングと
手段は何か?
を考えなければなりません。

私が経営者にアドバイスしているのは
応募が来たら3分以内に電話で連絡をする。

応募者は御社に応募した後、
引き続き次の求人を探しています。

3分以内なら
まだスマホを操作している
可能性が高いということです。

そうは言っても、
1日中応募状況だけを
見ている訳にはいなかいでしょう。

その場合もできる限り迅速に電話をする。
繋がらない時は、
ショートメールにメッセージを残し、
後ほど改めて連絡する等、
まずは応募者と連絡を取ることに
フォーカスしましょう。

でも、その為には準備が必要です。

電話をするって言っても、
何を言ったらいいのか
整理しているうちに
時間が経ってしまいます。

そこで、トークスクリプトを
準備しておくことが重要です。

応募に気づいたときに、
すぐに電話ができる。

あるいは
別の方でも電話することができる。

そんな効果があります。

質問相談はこちらにお願いします

jigyoussk@gmail.com
posted by アドバイザー at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記