.jpg
最近の記事
カテゴリ

2022年07月31日

「有休取得率100%」で求人を出した結果は…?

このメールは人材の採用・定着をテーマに、
西野毅と名刺交換していただいた方、
セミナーにご参加いただいた方に
お届けしています。



-----------------------------------------


社労士で人材定着士の西野です。

前々回のメールで求職者目線での
御社の魅力・強味を出すことが大切、
そう申し上げました。

前々回の内容はこちらから
 ↓    ↓
【自社の魅力・特徴を出すとなぜ応募が来ないのか】
 https://mail.omc9.com/l/03p8qo/LpZf9U1I/

そういう意味では、
有休取得率100%は大きな魅力です。

私が会社員時代、薬局を経営する会社で
薬剤師の採用を担当していた頃のこと。

薬剤師って、採用難易度が非常に高いんです。

求人を出しても出しても
応募が来ません。

当時は採用のノウハウを
持っていなかったので、
人材紹介会社約10社に依頼をしていました。

それでも3か月位は全く反応なしです。

ある時、人材紹介会社の担当者と相談し、
有休取得率100%と書いて求人を出すことにしました。
(もちろん本当のことです)

すると、1〜2週間で2名から応募が来ました。

やはり求職者目線での魅力を出すと効果が違います。

で、その後どうなったと思います?

適性検査をすると、
2名とも同じような傾向が出ました。

「労働意欲は低く、
 生活の為にやむなく働く」
要約すると、こんな内容でした。

それでも背に腹は代えられず、
2名とも採用することにしました。

ところが、1名は面接時に
薬局の様子を見て
「忙しそうなので自信がありません」
って辞退されました。

1名は、めでたく入社!
までは良かったのですが、
数か月後に退職されました。

やはり忙しいのがダメだったみたいです。


言いたいことは、
求職者にとっての魅力を出すことは
重要なのですが、労働条件になると、
諸刃の剣になり得るということです。

今回の例では「有休取得率100%」に
集まってきた人、ということで
このような結果になりました。

では、どうしたらいいのか?

私たちがいつも大切にしているのは、
『経営者の思い』とセットにすることです。

この事業を通して、
こんなことを実現したい。

その為には、社員のみんなに
頑張ってもらわないといけない。

社員が頑張って仕事をするには、
心身ともに疲れていてはできない。

だから、働きやすい環境にしています。
その一例が、有休取得率100%ですよ。


このような説明です。

そうすることで、
単に休みたいだけの
労働意欲の低い人ではなく
社長ご自身の考えに共鳴してくれる人が
応募してくれるようになります。

内容につき、質問相談にメールで無料にて応じますので

件名 有給取得 にて
ご希望の方は下記までお願いします。
Jjigyoussk@gmail.com

よろしくお願い致します。

経営アドバイザー

社会保険労務士 西野毅

事業再生メルマガ始めました

https://jigyoussk.jimdosite.com/


posted by アドバイザー at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「当たり前の盲点」に気づけば応募が来るかも…

このメールは人材の採用・定着をテーマに、
西野毅と名刺交換していただいた方、
セミナーにご参加いただいた方に
お届けしています。

内容については、
当事務所にご遠慮なくお問合せください。

今後、このようなメールを希望されない方は
本メールの最下部をご覧ください。

-----------------------------------------

社労士で人材定着士の西野です。

日頃から採用のサポートをしていて
気付くのは
「当たり前」が邪魔をしていることです。

私たちはよく
「こんなの当たり前だよね」
そう言うことがあります。

でも、当たり前って環境によってかなり違います。

例えば、
駅前でティッシュを配っていたら、
貰いますか?
素通りしますか?

私は迷わず貰います笑。

タダでくれるものは「貰わなきゃ損!」
そのような環境で育ってきましたので、笑笑

大阪では同じような方が多いと思います。

ところが、東京の方は違うようですね。

「貰うのが恥ずかしい」
みたいです。

求人では、その当たり前が
邪魔しているなって思うことがよくあるんです。

例えば、
事業所が1か所の小さな企業。

「転勤なし」にもかかわらず、
求人にそう書かないんです。

理由を聞いてみると、
「1か所なんだから当たり前でしょ」

でもそれは企業側の当たり前。

求職者目線だとどうでしょう?
書いていないとわからないです。

せっかく御社の求人情報に
たどり着いたとしても
その時点で対象から外されるのはもったいないです。

まさに「当たり前の盲点」です。

このようなことはよくあります。

運送会社で、
最近はドライバーの高齢化により、
様々な工夫をしています。

重い荷物の積み下ろしはリフトを使い、
運ぶ時は台車を使う。

だから、力の要る仕事は意外に少ないようです。

でも、それを書いていない。

聞いてみると「当たり前だから」
夜勤(朝まで通し勤務)のある介護施設で、
「夜勤明けの日は、仕事を入れない」
ようにしている。

でも、それを書いていない。
「当たり前だから」

何度も言いますが、
求職者目線だと、
書いていないことはわかりません。

逆にいうと、
書いていることで
選ぶ理由の1つになり得るということです。

「当たり前の盲点」に気づかないと損しますよ。

内容につき、質問相談にメールで無料にて応じますので

件名 当たり前の盲点 にて
ご希望の方は下記までお願いします。
Jjigyoussk@gmail.com

よろしくお願い致します。

経営アドバイザー

社会保険労務士 西野毅

事業再生メルマガ始めました

https://jigyoussk.jimdosite.com/


posted by アドバイザー at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 人事・労務