.jpg
最近の記事
カテゴリ

2019年10月10日

コラム 役員の選任方法

役員の選任は難しいものです。
どんな基準で選任したらいいのか明確では
ないからです。

有名な話ですが、京セラの創業者である稲盛和夫氏
が言われたことです。

役員の適任者はうどんの屋台を引いたら良く分かる。
屋台をどこに置いたらいいのか考えるのは
マーケティングであり、
うどんの原料をどれくらいにするかは原価計算である。

小さなうどんの屋台でも経営に関わることが
多く含まれているのである。

まさに、経営は実践であり実践で成果を出せる
力がある人が役員にふさわしいのである。

経営アドバイザー 村上弘之
posted by アドバイザー at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記